“東洋のガラパゴス” 奄美大島が、往復1万円でいける時代!?

20140424013231

 

トロピカルカラーの海に囲まれた、南の島。

鹿児島県にある、奄美大島

マングローブの木々や、そこで暮らす生き物たちを見ると、

もぅね…

亜熱帯って感じ。

 

そこで美味しい料理を食べながら、黒糖焼酎を飲む。

幸せ♡

一度行ったら、また行きたくなる。

そんな場所です。

 

しかし、課題の1つはアクセスコストの高さ…

東京から飛行機だと片道2〜4万円くらい。

それが!

LCCのバニラエアが奄美大島へのフライトを7月から開始することによって

だいぶ行きやすくなりそうなんです。

 

バニラエアをご存知ない方もいるかもしれませんが

主にリゾート地を対象にしたフライトの格安路線。

私、個人的には定期的にセールを利用していて、

例えば、今年の1月には沖縄・那覇へ片道3000円。

3月にも3500円で行ってきました。

(私は自転車旅が多く、自転車を乗せる場合は別途料金有)

 

…そして、本題。

奄美大島へは、なんと片道8000円〜

今までの半額以下!

セール(ワクワクバニラ)で買えれば片道4000円で行けるんです!

成田までは東京駅から片道900円のバスが出ているので

往復約10000円〜で南国に行ける時代!!!

http://www.vanilla-air.com/destination/amamioshima 

10269566_226639850866070_2419839764632038374_n

 

いつ行くの?

夏でしょ!

 

私は、そんな奄美大島に自転車で上陸し

先日1週間ほど過ごしてきたので

素人目線でこの島の魅力を少しだけご紹介します。

 

海を眺めるなら


10151906_693694720669126_983691328_n

 

■倉先ビーチ
空港からの交通の便も良く、近くにはダイビングスポットも。
海に突き出た岬に建つプチリゾートホテル「ネイティブシー奄美」もおすすめ。

 

海の中を見るなら

20140424013240

 

■マリンビューワーせと
透明度抜群の海を中を眺められる、半潜水式の海中観光船。
船の中にいながら、サンゴ礁や熱帯魚を鑑賞することができます。
1日4便。(要予約、運行ダイヤは変更の場合あり)
入園料 大人2500円、小学生1250円
http://amamiseto.jp/

 

夕日を見るなら

10268637_702059933165938_1370552499593845352_n

 

■大浜海浜公園

感動的な夕日が見られるスポットとしても有名な場所。

市街地に近く、キャンプ場・パースハウスなどが設備されています。

 

探検するなら


1527125_694008623971069_663966357_n

 

■黒潮の森 マングローブパーク
マングローブ展望台や遊歩道があるため、気軽にマングローブ体験ができます。
http://www.mangrovepark.com/

 

快適に泊まるなら


_dhh9474

 

■PARADISE + inn

バルコニー付きのオーシャンビュー
カフェやアパレルショップも併設しています。
カップルや家族利用はもちろん、シングルルームもあります(5,000円 + tax)
http://www.sunshine-cloud.com/island/inn.html

 

安く泊まるなら

20140424013331

 

■昭和荘

1泊1500円のゲストハウス。
ネット環境問題なし。海へのアクセスも良く、周りには美味しいご飯屋さんがいっぱいあります。

http://www4.synapse.ne.jp/showasou/

 

飲むなら

■黒糖焼酎「れんと」

女性社長が作った、女性向けのお酒でとても飲みやすい!そして、貯蔵タンクにクラシック音楽を聞かせて熟成させる「音響熟成」という手法がポイント。音楽の「振動」により酵母の活動が活発になるそうです。

 

注意するなら

・離島では日本で3番目の大きさ!島の8割が山林!一日で回るのは大変なので、時間には余裕を持って。

※私は自転車で回りましたが、かなり難易度高い島でした。

・ハブには気をつけて。夜行性なので、夜は特に気をつけて(ハブは熱に反応するため、日中は日陰にいます)

 

穴場なら


1006093_695401067165158_1566955759_n

■加計呂麻島

奄美大島でもライベートビーチがいっぱいありますが、さらに秘境のビーチが多くある加計呂麻島。
奄美大島(古仁屋) ⇒ 加計呂麻島(瀬相港)なら片道大人¥350でいけます。
島の道はアップダウンが激しいのでバス移動がおすすめ。

人がいない、魚はめっちゃいる。
いやー、また行きたい。

 

ぜひ、今年の夏は奄美大島へ行ってみてはいかが?


 

Twitter でフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.