おうちにいながら、旅しよう!沖縄「宗像堂」のパンを食べて、オンラインで繋がり「体験」と「共有」を味わってみた <オンラインヒュッゲ>

『旅って、何だと思いますか?』

マツダミヒロさんからの質問からはじまった

「おうちにいながら旅しよう!」企画。

今回は、外に体験しに行くのではなく、

その体験を「おうちに運んでもらう」べく

沖縄「宗像堂」宗像誉支夫さんの作るパンを自宅のベランダで食べながら

オンラインで仲間と繋がり「体験」と「共有」を味わってみました。

僕も沖縄で何回かいただいたことがある宗像誉支夫さんの作るパン。

なんだかとても力が湧いてくる不思議なパンです。

ミヒロさん(現在は宗像堂近くの自宅にいます)は以下のように言っています。

宗像堂のパンは、パンであって、パンでありません。

エネルギーの塊でもあり、本来の自分に戻れる食べ物でもあります。

これ、

食べた人しかわからないんだよな〜

という想いでもどかしくて、

友人たちにはいつもおすすめしているパンなんです。

日本中から、いや海外からも宗像堂に集ってくるのもうなずけます”

■ZOOMでオンラインヒュッゲ

ヒュッゲ(Hygge)は、「人と人とのふれあいから生じる温かく居心地の良い雰囲気」を指すデンマークの言葉。

夜、ご飯を食べた後にロウソクの火を灯しながら語り合うなど、とてもほっこりする時間を作れるので僕も大好きです。

今回はそれをオンラインで。

流れとしてはこうです。

  • 【ステップ1】パンが沖縄から届く。
  • 【ステップ2】同じ時間に、ZOOMでつないで一緒に食す。
  • 【ステップ3】その時間、パンを食べながら宗像さんのお話を聞く。

当日は、ミヒロさんとワカナさんが宗像さんが運営する「宗像堂」に訪れ動画配信。

家にいながらツアーができるなんて、今の時期は特に嬉しい!

店舗の中からパン焼きがまの中まで案内いただきました。

その後、ZOOMに参加した約50人が、

4ー5人のグループにわかれ(ZOOMにはグループ分けする機能あり)

一緒にパンを食べながら交流タイム。

自分のグループも、仙台、東京、鎌倉、福岡・・・など全国各地から繋がり新鮮でした。

そして、宗像さんのパン。

本当に一度食べると体がポカポカしてくる感覚があり、だいすきです。

現在、家に数週間こもってリモートワーク しながら自粛中なので、久しぶりに食べたおいしいパンの味に心まで暖かくなりました。

通販ショップもあるので気になった方はぜひお取り寄せして食べてみてください。

http://munakatado.shop-pro.jp/?pid=143880718

その後、宗像さんとミヒロさんのトークライブも素敵でした。

人との出会い、自然体な生き方、パン作りと神聖幾何学の話まで……

旅の醍醐味は、出会いや”体験”、それを仲間と”共有”すること。

当分、行きたいところに自由に行けない時代になるかもしれませんが

それでも、インターネットを通じて繋がり想いをシェアする体験は、

今の時代をより良く生きる活力になりました。

 

Twitter でイドウモン(もゆる)をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください