3.11 東日本大震災 がきっかけで、自転車旅を再開した話

2011年3月11日 東日本大震災

あれから何年経っても、この日を思い出し、ささやかながら祈りを捧げている。

 

しかし、ぼく自身のことで言えば、知り合いが亡くなったわけでもないので

心の底からの喪失感を味わってはいない。

ただただ、あれだけ多くの人の人生が変わった出来事に対して

何もできない無力感と

人生とは何が起こるかわからないからこそ

精一杯毎日を生きようと想いを強くし

毎年3月11日は、あの日を思い出している。

今まで感じたことのない揺れの中で

今回のブログは、どんな言葉で綴っても本当の悲しみを経験した方からすると

軽く思えてしまうかもしれない。

なので、震災のことというより、ぼく自身の変化を綴ることをご容赦願いたい。

ーー

2時46分

大きな揺れが東京にも襲ってきた。

 

ぼくは前年に仲間と起業し、一軒家を改築したオフィスの2階にいた。

びっくりして外に飛び出たら、電柱がグワングワン揺れていて、

これは今までになくヤバいと思った。

こういう時、一番最初にやることと言えば親に連絡することだった。

今でこそ、時々近況報告で電話するが

その頃は仕事優先で、喧嘩してたわけではないが

会うことも電話することもほとんどなかった。

 

話を戻すと、電話は繋がらなかったが、

親は新潟にいたので大丈夫だと思い、通常業務に戻ろうとした。

オフィスのTVをつけたら、これがただの地震ではないとわかり

震えが止まらなかったのを今でも覚えている。

 

あの日から、日常が変わった

幸い、親も友人も連絡がついた。

ただ、日に日に送られてくる、津波の映像や被災地の様子を見て

自分に何ができるのか……という葛藤は大きくなった。

 

その頃の仕事で言うと、売上がないと簡単に資金が尽きるような

ベンチャー企業を始めていたし

数少ないクライアントも、こんな小さい企業を相手にする空気ではなくなっていた。

ただ、被災者の方とは比べようもないほど直接の被害は受けていなかったので

何とかなるだろうという根拠のない自信はあった。

 

辛かったのは、募金くらいしかできることがなかったのと

現地に行くにも何が求めらているかわからなかったし

そもそも起業資金に貯金をほとんど突っ込んだのでお金の余裕もなかったこと。

 

マズローの五段階欲求の話でいうと

自分の衣食住が満足でないと、

何かに貢献したいという気持ちは綺麗事にすぎないんだなぁ

と感じ、自分に対して残念な気持ちになった。

※ちなみに、マズローは5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表している。それは「自己超越」という段階。「目的の遂行・達成『だけ』を純粋に求める」という領域で、見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態だという。被災はしていないけど、震災に対して本気で取り組めていたのは、この領域の人なのかなとも思っていた。

被災地に行く理由

それから1年くらい経ち。

日常は落ち着きを取り戻していた。

ただ、東北のことが気がかりで現地に行く理由を探している自分もいた。

今でこそ、何かできることを主体的に見つけて行動していると思うけど

その頃は、事がデカすぎて自分事にできていなかったのかもしれない。

 

「現地に来て、東北の美味しいものを食べて、人と交流して、今を発信するだけでも嬉しいんです」

誰かの、そんなFacebookの投稿を見たとき、行く理由を決めた。

自分はライターを本業としていたので、情報を発信することはできるからだ。

 

もう1つ。

その頃、今を生きるをテーマに自分の人生を考えていた。

将来の目標を描いていても、大きな事件や事故、

今回のような自然災害などで達成できないこともある。

それなら、頂上に着く過程でも(つまり日常でも)

充実した人生を歩む必要があるのではないか。

つまり、今を一生懸命生きる必要があるのではないか……

 

その時、過去一番一生懸命”自分を生きていた”時期を振り返ってみた。

大学の頃、自転車で東京から鹿児島まで走り

翌年にはカナダを1週間くらい自転車で旅したこと。

スマートフォンもソーシャルメディアもない時代に

便利さも承認欲求も求めず

自分の好きをとことん追求して、想いのままに旅をしていたこと。

社会人になって、正社員時代も起業してからは、

仕事が大好きで、とことんのめり込んでいたけど

心から好きな自転車旅をするのは10年近く忘れていたこと。

 

今だからこそ、東北には自転車で行こう。

自分の心は決まった。

 

……この記事を読んだ方からすると、何て自己満足な奴だと思う人もいるだろう。

ただ、綺麗事を並べたり、旅することで行く理由を作ることも、その頃の余裕のない自分には必要だった。

 

何もない、を目の当たりにして……

東京を出てから2日目には、福島のいわきに着いた。

原発事故の影響で、それ以上は海側を通れず、山を越えて4日目には仙台に着いた。

5日目以降は石巻から被害の大きかった沿岸部を走った。

ただひたすら青森まで走った。

 

自分の目で実際に見た印象は、TVやYoutubeで見るそれとは全然違った。

なんというか、被害にあった範囲が広すぎるし

とにかく土地が平らな地域は何も無くなっていた。

何もないからこそ、映像として視聴者に届かないだけで

今まで、そこにあった建物が瓦礫を残してスッカラカンと無くなっていた。

悲しみや、怖さはなかった。

ただただ、自然の力を目の当たりにして、現実を受け止めていた。

現地に来たからこそわかった温度感がある

人間には自分のキャパ以上の問題は起こらないから、

たいていのことは心配するだけ無駄。

そんな言葉を聞いたことがある。

今回は、キャパを超えてしまったので、実際に何ができたかはわからない。

ただ、何事も自分事として学ぶとすれば

現地に来たからこそわかった温度感がある。

その情報を発信して誰かに届けることも、小さな価値になる。

(ならないこともある)

だから、何かに貢献できるかなんて心配しないで、

まずは自分が今したいと思えることをできる自分でありたいと思った。

 

今日で、東日本大震災から6年が経った。

東北を自転車で回った後、さらには全国を回り、

結局47都道府県を全て走ることができた。

 

そして今でも、日常に旅を入れながら暮らす生活をしている。

時には、「お前は暇なんか?」と、コメントされたこともある。

「何で旅ばっかりしているんだ?」と、不思議がられることもある。

 

その答えは……

いつ死ぬかわからないから

自分らしいことをしないほど暇ではない。

とでも、答えておくとしよう。

今日のところは。

 

Twitter でmoyulogをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.